西野亮廣さんの『映画えんとつ町のプペル』を公開2日目に観てきました

公開2日目に映画館へ

コロナのこういう時期に映画館に行くのは,もちろんためらったのだけど,やっぱりどうしても観たくて,早朝ショーで行ってきました.

西野さんのオンラインサロンの投稿とか,voicyとかを,すごく熱心にではなく,でもほぼ毎日見るって程度でした.

でもプロモーションとか予告編とか観てると,絶対に映画館で観たい!早く観たい!と思いました.

クオリティの高さに圧倒されっぱなし

クオリティの高さにまず大満足です.

色彩や背景,すみずみにまでこだわり抜いたアニメーション.

オリジナリティ溢れる登場人物.

声優さんのはまりっぷり.

オープニングから挿入歌,エンディングソングまで,音響とそのセンス!

映画館で観なきゃ損!って感じです.

感情が溢れ出る

最初はドキドキ息をのむような感じ.

そしてたくさんの高度な笑いがちりばめられています.

途中からは涙涙,嗚咽するくらいの涙.

こういう涙は久しぶりかもしれない.

哀しいとか辛いとか悔しいとかでもないし.

不思議と嬉しいとかでもない.

魂が震えている感じ.

たくさんいる登場人物の在り方や言葉に,自分の魂をふさぶられている感覚です.

そしてその登場人物全てに感情移入をしてしまう.

自分が信じているものを諦めなくていいんだ!

自分が大切にしていることを誇りに思っていていいんだ!

ここからそう思えます.

そして悪者が存在しないのもいいところですね.

何度でも観たい

西野亮廣さんが全国の映画館を廻って,上映前後に30分間のトークショーをされるそうです.

さすがにそれは満員になるだろうから,残念だけど諦めるとして.

でもまたすぐにでも観たい.そう思います.

今はYouTubeなどでも,関連する動画がたくさん流れているので,そちらも楽しんでいます.

全ての人におすすめする映画です!