樺沢紫苑ウェブ心理塾 『1日が3倍になる!超・神・時間術』参加レポート

時間管理は全人類の課題?

時間は有限ですよね。

時間は全ての人に「唯一」平等に与えられたものです。
時間管理・時間コントロール・タイムマネジメントなどなど、
多くの書籍やセミナーがあると言う事は、それだけ多くの人の課題であるということだと思います。

私の時間管理における問題点

私は日誌を毎日書いて、前日にその日の予定を記載する時間管理をしています。
ただ、うまくいく日もあればうまくいかない日もある…、ので時間管理に悩んでいたところでした。
なぜうまくいかないか?それは「ついつい」行動があるからだったと思います。
「ついつい」メールを見てしまったついでに、「ついつい」LINEニュースの面白そうなコンテンツを見つけてしまった。
「ついつい」そのままスポーツニュース見てしまった.
「ついつい」そのままSNSを見てしまって、あっという間に時間が経ってしまった.
そしてそのまま脳が疲れてしまって、集中力がなくなってしまうってことがありました.もったいない!
なんとなく中途半端な私の時間マネジメントを徹底したい!
そういう思いで、精神科医・樺沢紫苑さんの『1日が3倍になる!超・神・時間術』セミナーに参加しました.

樺沢紫苑さんのアウトプット力

樺沢紫苑さんは、YouTube「精神科医・樺沢紫苑の樺チャンネル」にて動画を3本、メルマガ、Facebook、Twitter、インスタを、毎日更新されたうえに、毎年3冊出版、週刊誌の毎週連載もされています.
さらに、映画100本/年、旅行45日/年、読書20冊/月、会食20回/月、スポーツジム2-3回/週、サウナ1回/週と、娯楽やリラックスも充実.
『3倍働き、2倍遊ぶ!』と、時間効率を高めに高める生き方をされているのわかります.

神時間術は一次元時間術ではない

節約した1時間で、「仕事時間」を増やす.このやり方だと、時間術を実行するほど忙しくなります.

そうではなくて、「時間❌集中力」の面積を高めることが重要で、例えば、朝の1時間=夜の3時間のように、集中力の高い時間帯をどう活用するかが重要になってきます.

学びTOP5

1.朝の脳のゴールデンタイムを活用する

綺麗な脳を綺麗なまま使い続けることが大事です.

朝起きてすぐに、TVの情報番組はもってのほか、私も時々「ついつい」してしまった、スマホでのNEWS、SNSで膨大な情報を得てしまうと、脳のゴールデンタイムは即座に終了!です.

高い集中力が得られる起床後2-3時間の、脳のゴールデンタイムを有効活用して、充実した時間を積み重ね、充実した日々、充実した人生につながると思います.

2.15分(隙間時間)で出来るTODOを決めておく

❌ スマホを取り出し、SNS・ネット

⭕️ 何かの投稿、読書、原稿チェック、ブログ、自己投資、メール

1日15分の隙間時間6回で、90分/日は生み出せ、また制限時間を決めるとより集中力が高まります.

『時間をコントロールするのは自分』という意識で過ごすことが大切ですね.

3.一石二鳥時間術を活用

「移動時間・読書」や、「取材・ネタ出し」、「待ち合わせ時間・メール」など、隙間時間活用も兼ねていきます.

4.タイムプレッシャー

「パーキンソンの法則」:準備時間と成果は比例しない、集中時間と成果が比例する.

1時間で100点を目指すのではなく、30点を目指し、60点を目指し、徐々に100点に近づけるチャレンジを続けることが大切とのことです.

完璧主義だと、減点→自信喪失→自己肯定感の欠如

最善主義だと、加点→自信向上→自己肯定感の向上

1時間、1時間半、と時間を決めて完璧を目指さずベターでOK!というマインドで、「続けていく」ことが大切ですね.

5.ボーッとする時間を大切に

DMN(Default Mode Network):デフォルト・モード・ネットワークとは、ぼんやりした状態の脳が行なっている神経活動のことです.DMNが活発になると創造力が高まり、いろいろなアイデアが浮かんできやすいのです.

脳が情報過多では、DMNが働かず常に疲労している状態になります.車がずっとアイドリングしていると、エンジンやバッテリーに熱がこもって痛んだりしやすいのと同じですね.

まずは何よりデジタルデトックス!そして、瞑想や散歩、運動、呼吸法、遠くを見る、空想(楽しい想像)をするなどして、脳を休めることを意識し、脳の力を最大限に活かすようにしていきたいですね.

1日を3倍に出来る!

今回のセミナーを活用し始めて、1日の使い方が全然変わったことを実感しています.

価格はオンラインで5,500円、お金では買えない時間と考えると、もっと大きな価値を得たと感じています.

「1日が3倍になる! 超・神・時間術 」動画視聴申し込みはこちら