mont-bell トレッキングシューズ “ツオロミー ブーツ” 新調しました

大自然での登山.

安全のためにはいくつかのギアが必要ですが,その中でも靴は特に重要なもの.

山に入ってから下山するまで,自分の足で歩き続けなければいけません.

今回,mont-bell でトレッキングシューズを新調しました.

日本が誇るアウトドアメーカー,mont-bell.

今回のお買い物でさらに大好きになりましたよ.

丁寧な説明と試着

登山と言っても,自然散策のようなハイキング,日帰り低山登山,標高が高く岩場の有無,山小屋泊,テント泊など,靴は用途によって全く違います.

mont-bellでは,現在のレベルや目的に合わせて,最適な靴を選んでくれます.

(今回mont-bellに入る前に,別のメーカーでデザインが超好みなものを見つけて試着したのですが,ザックリのサイズ合わせだったので,不安が大きく断念した経緯もあります^^;)

本格的な登山からは10年程度遠ざかっている,ほぼ初心者の私にぴったりの一足を選んでもらいました.

夏場の長期縦走やトレッキングなどに最適なハイカットの全天候型ブーツ,ツオロミーブーツです.

重要なサイズ合わせ

登山は登りと下りで,足の動かし方や,靴の中での空間が全く違ってきます.

上りにも下りにもピッタリ合うサイズが重要です.

mont-bellでのサイズ合わせは,まず裸足になり実際の足のサイズを丁寧に計測してくれます.

座ったまま.立ち上がって前を向いたまま.

普通のサイズと横幅と.

そこから踵側プラス1cmくらい,靴を履いて指1本入るくらいがちょうどいいのですね.

店内のスペースで登り下りを試しましたが,どの部分にも違和感や痛みがなくベストサイズだと思いました.

ソールも重要

山は土の上の登りだけではなく,濡れた岩場や木道など,不安定な足場も多いです.

mont-bellは独自のソール,トレールグリッパーを採用しています.

滑りにくいと疲労感も変わってくると思うので,安心ですね.

インソールも重要

普通のインソールでも充分いいと思うのですが,インソールも足の形に合ったものを選んでもらいました.

私はスポーツをしていたこともあって,土踏まずのアーチ部分が発達しているようです.

よって,そのアーチ部分をしっかりホールドすることで,体幹の負担を軽減してくれるというものです.

▲アーチ部分のホールドがさらに安心です

さぁ.山へ行こう.

自然の中に身をおき,自分の身体と心を思いっきり解放させる.

一人の人間としての強さと弱さと向き合える.

楽しみです.

Let’s Have FUN !!