2020年4月から大学でグリーフケア(悲嘆のケア)を学んでいます

グリーフケア

日本ではまだあまりなじみのない言葉と概念です.

グリーフを訳すと『悲嘆』.

「全ての人は誰でも悲嘆を抱えて生きている.」

生きている人,一人一人が違う悲嘆を抱えて生きていきます.

悲嘆とは何か

最も大きな悲嘆をひきおこすのは,愛する人の死です.

親,パートナー,子供,親友…

死ではなくても,離婚,恋人との別れ,友人との別れ.

また,病気,認知症,障碍者.

離職,災害等で家財を失う,地位を失う,子供にとっての親の離婚.

喪失(loss)から起こる悲嘆(grief)です.

海外では,loss and grief care といい,careをする体制が整っていることが多いそうです.

日本では数少ないグリーフケア者の人材養成

日本ではまだ浸透していませんが,ある事故をきっかけに必要性が広まっていきました.

それはJR西日本の福知山線脱線事故です.

乗客と運転手合わせて107名の死者,562名が負傷されました.

その遺族,負傷者の方々の心のケアを通じて,もっと多くのケア者が必要だとしたのがきっかけです.

その前にも,阪神淡路大震災の時も遺族に寄り添い,悲嘆の現場に向き合い続ける第一人者たちが講師陣です.

コロナの影響

授業は全てオンライン,5月末から始まり,カリキュラムも少し変更になりました.

授業は毎週水曜日の夜と,月2回土曜日終日となります.

性質上,グループワークが多い授業なのですが,現在はZoomのみ.

でも少しずつ皆さんとの対話が始まっています.

今後の学びが楽しみです.

そして私がグリーフケアを学びたいと思ったきっかけを,また記事にしたいと思っています.